不妊に優しい漢方の秘密|妊活サプリで注目されている葉酸!

漢方と不妊治療の関係

体に優しく、体調を整えてくれることで有名な漢方ですが、不妊治療にはどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットから病院の薬との違いを見ていきましょう。

不妊漢方による不妊治療のメリット

自然妊娠がしやすい体になる

子宮や卵巣などの骨盤内の血液を高めることが、妊娠しやすい体作りには大切です。骨盤内の血液の質を高め、巡りのよい体になることによって、子宮内膜の質を高めることができます。すると着床しやすく、卵が育ちやすい環境が出来、妊娠しやすくなるのです。

妊活中の体に優しい

不妊漢方は体のバランスを整えることができます。血行を改善しながら、不妊の原因を解決することができ、体に優しく不妊治療を行えることから人気があります。自分の体調に合わせて、医者や薬剤師と相談することが大切です。

経済的な負担が少ない

一般的な不妊治療の場合、体外受精一回分で40万円前後かかります。しかし不妊漢方なら1か月分で4万円前後になります。期間的にも、一般平均が25か月に対し、不妊漢方の場合約10ヵ月という統計があります。

流産の不安を取り除く

不妊治療中から赤ちゃんが生まれるまで支えてくれます。流産をしないために、子宮環境を整え、体力を養い、妊娠を安定させます。不妊治療中から、出産までしっかりサポートしてくれるので、心配を取り除くことが出来ます。

その他のサポート

不妊漢方を取り扱っているお店では、気軽に声をかけられるように、女性スタッフがいます。その他にも食事などの生活面のサポートがあるお店も多くあります。お近くのお店を調べ確認するといいでしょう。広島県の福山市は漢方を取り扱うお店が多く有名です。

不妊に優しい漢方の秘密

漢方

病院の薬と漢方の違い

病院の薬の場合、はっきりとした診断をして1つの症状に対して1つの薬を出します。しかし、漢方の場合は、軽い頭痛や冷え性などの病院に行くほどではない症状でも効果があり、病気になりにくい体質に改善します。

強い体づくりのサポート

体調の不調は心が関係していると考えられていることから、漢方は、飲み続けることで心と体の調和を整え健康でいられると言われています。実際漢方は、病原体を倒しているわけでなく、体の調子を整え、抵抗力を高め、強い体を作っています。

機能性不妊の方にも最適

不妊治療をしている人の中には、原因が分からない機能性不妊の方もいます。機能性不妊の方も一般的な治療で妊娠できることもあるため、有効な手段ですが、不妊治療の多くは保険がおりないため、負担が大きくなります。しかし、不妊漢方の場合は、原因が分からなくても色々試すことができ、体を整える力があります。

広告募集中